マイナンバー対応のBPOサービス

2016年1月よりマイナンバー制度が本格的に開始となりました。
現在、住民票を有する全国民にマイナンバー個人番号が配布され、社会保障、税、災害対策の行政手続きにあたって個人番号の申告が義務づけられています。

Girls Channel情報はこちらに集まります。

制度の開始にあたって企業は従業員や従業員の扶養家族、時には顧客に個人番号を提出してもらい、税に関する書類(源泉徴収票など)や社会保障に関する書類(健康保険など)、その他法廷調書などに個人番号を記載し行政機関へ提出する義務が発生します。

個人番号の管理にあたってはかなり細かい規定があり、違反すると罰金や懲役などの重い罰則が定められています。

また、従業員が違反行為をすることで会社も罰金計が課される両罰規定が設けられており、企業は今後、個人番号の収集・管理や、従業員への教育に多くの時間や労力が割かれることになります。

マイナンバーのBPOの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

そのような中、マイナンバーのBPOサービスが各社から誕生し注目を集めています。



BPOサービスの利用によりマイナンバーに関する全ての業務を継続的に外部の専門企業へ委託することができるので、自社業務の重要な業務に資源や人材を集中することが出来ます。
また制度を知り尽くした専門機関による管理となるので安心です。
BPOサービスとは具体的には個人番号の収集、必要書類へのプリントを企業に代わって行うことを初めとして、従業員や顧客に対して制度の概要や取扱の説明をしたり、セキュリティシステム(入退室管理システム、PCなどの情報セキュリティ、カード認証式プリンターなど)を企業へ提供することなどがあります。

制度は始まったばかりで今後さらに細かい規定が加わる可能性もあり、また管理を誤れば刑事罰を受ける危険性があり、そのような事があれば会社の社会的信用は大きく失墜します。


マイナンバーBPOサービスは今後ますます注目されるサービスとなるでしょう。